映画

The Secret Lives of Dentists(ザ・シークレット・ライブス・オブ・デンティスツ) 感想

The Secret Lives of Dentistsは、アランルドルフ監督の2002年のドラマ映画です。 脚本は、ジェーン・スマイリーの小説「悲しみの時代」に基づいて、クレイグ・ルーカスによって書かれました。 サンダンスやカンヌなどいくつかの映画祭で上映され、2003年8月…

野火 感想

miyearnzzlabo.com 2015年公開。 塚本晋也監督作は、これが初観賞となります。 過去作もタイトルを聞いた事があるのは『鉄男』位で、むしろ『沈黙 -サイレンス- 』での好演をはじめとした役者としての印象の方が強い感じですかね。 さて、私が近年の日本の戦…

アタック・ザ・ブロック 感想

20110916少年対宇宙怪獣 アタック・ザ・ブロック パート 12012年公開。 ジョー・コーニッシュはこれが初監督作。後に『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』『アントマン』の脚本に参加し、今年(2019年)二作品目となる『クエスト・オブ・キング 魔法使いと…

サスペリア 感想

miyearnzzlabo.com tomomachi.stores.jp 2019年公開。1977年のオリジナルは未見です。 「ダンス+ホラー」ということで観る前は『ブラックスワン』みたいな感じかな?と思っていたのですが、 実際に見始めると画面の格調の高さや、舞台がヨーロッパという事…

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 感想

※ネタバレします 2019年公開。 クエンティン・タランティーノは私が一番影響を受けた映画監督であり、それまでSFとカンフーと筋肉アクションしか観て来なかった自分に映画の面白さを再認識させてくれた『パルプ・フィクション』は、間違いなく人生で最も回数…

スリー・ビルボード 感想

miyearnzzlabo.com www.tbsradio.jp tomomachi.stores.jp 一歩先も予想できない展開。そこに着地するとは! (町山智浩/映画秘宝2018年3月号) 2018年公開。『シェイプ・オブ・ウォーター』に作品賞を掻っ攫われてしまいましたが、アカデミー賞では本命と目…

シェイプ・オブ・ウォーター 感想

miyearnzzlabo.com www.tbsradio.jp tomomachi.stores.jp ギレルモの『美女と野獣』への怒り爆発。(町山智浩/映画秘宝2018年3月号) 2018年公開。ギレルモ・デル・トロがアカデミー賞で作品賞・監督賞に輝いた記念すべき一本。 そのせいかなんとなく高尚な…

リズと青い鳥 感想

先日『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』観賞時に本作を先に観なかった事を激しく後悔したので、早速レンタルしてきました。 mayojo1207.hatenablog.com いやぁ、これは傑作ですね。山田尚子監督は本作が劇場長編4作目。何気に全作観てます…

ベイビー・ドライバー 感想

miyearnzzlabo.com2017年公開。 監督のエドガー・ライトは2004年『ショーン・オブ・ザ・デッド』でデビュー。続く『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』と併せて各方面から称賛を浴びます。 しかし、続く3作目で盟友サイモン・ペグ&ニック・フロ…

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ 感想

※ビミョーにネタバレあるかもです 本作は武田綾乃の小説を原作に2015年に第一期(13話)、翌2016年に第二期(13話)が放送されたTVアニメシリーズの続編の完全新作映画です。私はTVシリーズのみ視聴(ちなみにここ10年で五指に入る位好き)で、原作及びこの…

セッション 感想

miyearnzzlabo.com宇多丸 session セッション 映画 感想 シネマハスラー ジャズのドラムを『ロッキー』のような格闘技として描いた今年いちばん燃えた映画!(町山智浩/映画秘宝2015年3月号) 2015年公開。監督は次作『ラ・ラ・ランド』で史上最年少のアカデ…

ファントム・スレッド 感想

miyearnzzlabo.com tomomachi.stores.jp2018年公開。 ポール・トーマス・アンダーソン作品はデビュー作の『ハードエイト』と前作の『インヒアレント・ヴァイス』以外は観ているのですが、その中で私が感じた彼のイメージは「膨大な映画的知識に裏打ちされた…

Netflixオリジナル映画を撮っている監督たちを映画秘宝的視点から調べてみた

今年のアカデミー賞で大きな話題となった『ROMA/ローマ』。 監督のアルフォンソ・キュアロンといえば映画秘宝年間ベストテンにも2作品がランクインしています。 と言う事で、例によって映画秘宝及び町山智浩さんの年間ベスト10ランクイン経験者の監督たちの…

オースティン・パワーズ 感想

ウェイン町山の名は『ウェインズ・ワールド』から頂戴したんですが、元祖ウェインことマイク・マイヤーズが自作自演でブチかました大バカ映画。サイケとフリーセックスの60年代ロンドンでモテモテだったスパイ、オースティン・パワーズ(マイヤーズ)が、90…

スパイダーマン: スパイダーバース 感想

2019年公開。アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞・各方面でも絶賛の本作、実際に観賞してみたら評判も納得の出来でした。 スパイダーマンのテーマでもある「少年の成長」をメインとしたストーリー。「黒人の主人公」「多様性の容認」といった要素は、ある意味…

メッセージ 感想

miyearnzzlabo.com miyearnzzlabo.com tomomachi.stores.jpドゥニ・ヴィルヌーヴは、この作品が公開された2017年、『ブレードランナー2049』とともに映画秘宝年間ベストテンに2本ランクイン。これは2006年のクリント・イーストウッド(『父親たちの星条旗』…

LOGAN/ローガン 感想

www.tbsradio.jp tomomachi.stores.jp 2017年公開。 2000年からスタートした『X-MEN』シリーズでウルヴァリン役を演じてきたヒュー・ジャックマンの最終出演作。 今までシリーズは全作観ているのですが、傑作だと思ったのは『ファースト・ジェネレーション』…

勝手にふるえてろ 感想

www.tbsradio.jp 『500日のサマー』(09年)に影響された映画ってたくさんあるけど、「勝手にふるえてろ」がベストだった。妄想ばっかりで現実や人の心を見ない人を描いててね。掃除のおばさんに初めて話しかけるところとか感動したもん。あれは松岡茉優じゃ…

レディ・プレイヤー1 感想

miyearnzzlabo.com www.tbsradio.jp 2018年公開。 スピルバーグは80年代ポップ・カルチャーに特に思い入れが無いだろうから、なんか「借り物感」がするなーとか、最終的に伝わるメッセージはどうなんだ?とか正直思わなくもないんですが、基本的にはCGは凄い…

カメラを止めるな! 感想

miyearnzzlabo.com www.tbsradio.jp 2018年公開当時かなり厳重なネタバレ禁止の雰囲気が漂っていたように記憶していたのですが、実際観賞したみたら正直そこまで過敏にならなくても…とは思いました。 そしてこの映画、2回目の方が断然面白いです 正直、初見…

ブリグズビー・ベア 感想

www.tbsradio.jp 2018年公開。 監督のデイヴ・マッケイや脚本・主演のカイル・ムーニーは日本では全くの無名ですが、アメリカでは「サタデー・ナイト・ライブ」に出演している有名人。製作にフィル・ロード&クリストファー・ミラーの名前があったり、マーク…

タクシー運転手 約束は海を越えて 感想

miyearnzzlabo.com 2018年公開。 チャン・フン監督の名前は今まで知らなかったのですが、前作の『高地戦』は宇多丸さんがラジオで絶賛していた事もあり、観てみたいと思っていました。主演は国民的スターのソン・ガンホ。この人の出演作で観た事があるのは下…

映画秘宝 2018年ベストテン予想

映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2019/01/21メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る今年もこの時期がやって来ました。去年は的中がたったの4本と過去最低の結果に。 観賞済みの作品は下記の通り。相変わらず全然観…

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 感想

アラン・リックマンの最期のセリフに泣いたです(町山智浩/映画秘宝2017年3月号) miyearnzzlabo.com 2016年公開、現代のドローンを用いた戦争を描いた作品。 主演はヘレン・ミレン。 『クィーン』でアカデミー主演女優賞を獲得していますが、私が観た事があ…

映画秘宝 2017年ベストテン予想

映画秘宝 2018年 03 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2018/01/20メディア: 雑誌この商品を含むブログ (4件) を見る今年は時間がないので順位予想だけ。 1位 キングコング:髑髏島の巨神 キングコング:髑髏島の巨神 [Blu-ray]出版社/メーカー: ワ…

町山智浩さんの今年の映画ベストテンを予想してみる

今年も残すところあとわずか、毎週町山さんの映画紹介を楽しみに聴いているTBSラジオ「たまむすび」の放送も来週が年内最後となります。 そこで発表されるかは分かりませんが、氏の年間ベストテン映画を予想してみたいと思います。 今年の放送で紹介された作…

暴力脱獄 感想

暴力脱獄 [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2010/04/21メディア: Blu-ray クリック: 15回この商品を含むブログ (14件) を見る 1968年の日本ではアメリカン・ニューシネマの傑作が3本公開されました。 『俺たちに明日はない』『卒…

まぼろしの市街戦 感想

まぼろしの市街戦 [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日: 2014/04/17メディア: DVDこの商品を含むブログ (6件) を見る1967年公開のフランス映画。 映画秘宝オールタイムベストテン(1998年)、町山智浩さん…

冒険者たち 感想

冒険者たち [Blu-ray]出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント発売日: 2011/12/09メディア: Blu-ray購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (13件) を見る1967年公開のフランス映画。 初見だったのですが、なんだかとても懐かしい感じが…

マドモアゼル 感想

マドモアゼル [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン発売日: 2012/05/11メディア: DVD購入: 19人 クリック: 1,118回この商品を含むブログ (18件) を見る フランスの田舎町で心優しいイタリア人の木こりがスケープゴ…